スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定番はキリマンジャロ 

今日は当然の如く「キリマンジャロ」

原産国も昨日に続き、アフリカはタンザニア。知っていましたか?わたしは知りませんでした^^;

その名はやはり、アフリカ最高峰 キリマンジャロ山(タンザニア,5896m)から来ています・・・ということも勉強になりますね^^;


で、お味は、豊な酸味と甘い香り、上品な味わい

標高1,500mから2,500m付近のプランテーション(大規模農園)で栽培されている。

豆はアラビカ豆で緑灰色で大粒という特徴がある。

キリマンジャロの認知度は高いが、タンザニア全域を含めても全世界の生産量の1%程度である。(おー貴重)

故にかどうかはしらないが、キリマンジャロは、必ずしも世界的な人気のある銘柄とは言えない。

日本でキリマンジャロがブランドとして認識されるようになったのは、ヘミングウェイ原作の『キリマンジャロの雪』(1953年日本公開)がきっかけだと言われている。

ちなみな雑学だが、キリマンジャロの生産地は、キリマンジェロ地区。


やはり、個人的感覚で言えば、モカは女性的、キリマンジャロは男性的とその名でそういうふいんきがある。

利きコーヒーで味がわかるようには最低なりたいね^^

若き頃の恋愛と共に思い出すあの喫茶店の風景とあの頃の自分


でも今は、未来時間で物を考えたい!

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口 その他の街情報へにほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へにほんブログ村 雑貨ブログへ

スポンサーサイト

コーヒー豆はモカが定番? 

カフェがしたいなんてほざいてますが、実際はまったくコーヒーのこと知りません^^;

ですから一から勉強です。


・コーヒー豆はどこで取れるのか?

いろいろと見ていると、どうやらコーヒーベルトとゆうものがあるらしい。

それはやはり、赤道直下あたり。


で、やっぱり誰でもしっている豆から学習しよっと^^;

その名は「モカ」


エチオピア産ハラー地区でとれるアラビカコーヒー豆をモカハラー。

イエメン産アラビカコーヒー豆をモカマタリ。独特の香りとまろやかな酸味とコクがある。


では、今日の復習

モカは、アフリカ・エチオピアと西アジア・イエメン産のアラビカコーヒー豆で「まろやかな酸味とコクがある」


高校生の頃、たばこが吸いたくて、気どりたくて、ひとりでよく喫茶店に入り、マッチ箱を集めてた。

注文は必ず「モカ」か「キリマンジャロ」

モカは無難でキリマンはキザといった感覚だったろうか・・・

あの頃の青二才の僕がほのかに香る^^;



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。