スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしいアイスコーヒーの5つの基本 

わたしが珈琲の中でも一番好きなのが、あまりにもありきたりなのだが「アイスコーヒー」。

先日、スターバックスのやさしい女性にいろいろとならった。

お客がたくさん並んでいる最中、アイスコーヒー用の豆をひたすら見ていたわたしに試飲用のアイスコーヒーを差し出したのだ。

この忙しいのに恐縮だった。それも違う豆の2杯目までも。(このことは前にも書いたかな^^;)

つまりが、自宅でもおいしく作るアイスコーヒーなのだ。

でも、冷やしただけでは、なかなかおいしいアイスコーヒーができない。


スタバの店員いわく、自宅でできる、おいしいアイスコーヒーの作り方にはいくつかのポイントがある。


1、「分量」だ!

コーヒー10gに対して180mlのお湯という割合が“黄金比”。

ただ、アイスコーヒーの場合は、いつもの2倍!つまり、コーヒー20gに対しお湯180mlという割合

2、「挽き具合(豆の粗さ)」。

ペーパーフィルターを使う普通のコーヒーメーカーなら「中~細挽き」

しかしコーヒーメーカーによって、ちょうどいい粗さが異なるためちょい注意。

3、「水」。

 日本は水が軟らかいので、水道水でも十分だが、ミネラルウォーターを使う場合は、軟水がオススメ。

 温度は90~96℃がベストで、高温過ぎると、えぐみが出てきてしまう。ちなみに、一回沸騰して、その泡が静まった頃が、96℃くらいとのこと。

4、「鮮度」。

 コーヒー豆は当然新鮮であればあるほどいい。保存方法は意外なことに冷蔵庫に入れるのはNG! 

 コーヒーには脱臭効果があるからでで、冷蔵庫のニオイを吸収してしまう。よく灰皿で使われるのはこのためだ。

 光・熱・湿気・酸素を避けた、食器棚などがベスト。

5、「急冷」だ。

 じつは、アイスコーヒーで一番大事なのはここだそうだ。

液体の中に、コーヒーの味わいや香りをぎゅっと閉じ込めるため、直接氷などで急速に冷やすことが重要。

ようやく梅雨明けして、急速に熱い夏に遅まきながら、アイスコーヒーをガブガブ飲んでるFLIPSでした。^^;

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口 その他の街情報へにほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へにほんブログ村 雑貨ブログへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。